院長のひとりごと

抽選で当った日帰り旅行3

食事をした建物の建物の横のビニールハウスで
メロン狩りをするとのことです。

ハウス内は40度以上の室温だというので
父にはレストラン内で待ってもらって、私と妻で渡された
はさみを持ち走ってハウス内に入り、もうすでにつるから
切り離されそのつるにひもでゆわかれているメロンを
ちょん切りダッシュで外に脱出しました。
メロン狩りというよりメロン狩りごっこという感じでした。
そのメロンはおみやげとなりました。




いよいよメインの修善寺温泉向けてバスは出発しました。
修善寺温泉の駐車場にバスを止めると90分の自由時間です。
まずは修善寺寺を参拝し、町を散策しながら父のリクエストの
60年前に新婚旅行で止まった「新井旅館」に向かいました。
その玄関をくぐると60年前にタイムスリップした様な
たたずまいに感激しました。
色々な思いでがある父は特に感慨深かったようです。
きっと亡くなった母の事で脳裏はいっぱいになったのでしょう。



旅館に上がり池の周りにある年台物の椅子に落ち着いて
コーヒーを飲みながら旅館の職員に60年前の
「新井旅館」さんの事を聞くと、もう代替わりして
「そんなに古くからの事は分からない」と言われた時の
父のさみしそうな顔が印象的でした。
それでも60年前に世話になった所を
また訪ねる事が出来て満足そうでした。


90分後に修善寺を出発して帰路につきました。
途中高速道路が渋滞してたりして越谷駅に到着したのは
8時半過ぎになってしまい軽い披露を感じました。

この様な日帰り旅行の感想として、年寄を連れ歩くには
ハードだなと感じました。