院長のひとりごと

仙台その3

仙台という町に息子の太一が小さい頃頃に歴史が好きで、
家族3人で行った記憶があるのでもう20数年振りの事です。

もうだいぶ前の事で記憶が薄いのですが
伊達正宗の像を見に行って、
名物「萩の月」をおみやげを買った記憶があります。

今回は青葉城跡に建っている学会場と夜の街が印象的でした。

まず駅ビル内に多数の飲食店があり(寿司通り、牛タン通り)
などという道まであり昼時はずらりと並ぶ人が出るくらい
賑わっています。

こういうビルがあると町の商店街のアーケード
などはさびれてシャッターがおりているものだと思っていましたが
すごく盛況なのです。
僕たちは金曜の夜に一番町というところの
お寿司屋さんに行ったのですが町は人であふれていました。
なぜかマッチさんがお寿司を食べてました。

入江歯科医院 院長

入江修充