院長のひとりごと

院長のひとりごと

6月19日の木曜にマイニチグループで30年続いている「安全衛生大会」に講師として招待され、1時間ほど歯周病とインプラントについてお話させてもらいました。
学会の講演は何度もさせて頂いておりますが2000人規模の企業での講演会というのは初めてでしたので張りきっていってまいりました。会場は大宮のラフォーレ清水園で当日参加者は220名ということでしたが、自治医大の岩佐教授のごあいさつに続いて私と悦子さんの講演を開始いたしましたが、身近な話題のせいか皆さんの真剣な面持ちが印象的で、話し手の私も思わず力がはいりました。歯科医の講演は初めてという事でしたが日本国民の意識が口腔に意識が向き始めたということは私の立場としても大変喜ばしい限りであります。 田部井社長、常岡専務ならびに毎日工業の皆様、この場を借りて御礼申し上げます。