院長のひとりごと

院長のひとりごと

インプラント手術の適応年齢

患者さんに良く聞かれることの一つに、私の親にインプラントをすすめたいのですが何歳くらいまで手術は可能でしょうかというものが結構あります。その答えは「年齢制限はありません。健康であって本人が希望するなら何歳でも可能です。」とお答えします。
しかしながら本人が健康だと思っているということでなく健康診断の結果に異常がなく、かかりつけの内科医と相談させてもらえるという条件が必要になってきます。
そのような事は最もだと皆様も感じられると思いますが、僕は10数年ほど前に次の様な経験があるのです。
初診で訪れた60代後半の女性で脳梗塞の既往歴があり、ご主人が問診からなにからすべて代理で行い、「現在の健康状態は異常もなく薬も使っていない。」と仰るのです。本人は言語障害があるので直接の会話をしようとしても意味不明ですぐにご主人が割って入るので、どの程度の言語障害があるのかも解らないという状況でした。僕は健康状態に異常はある、と直感的に感じたので、定期的に内科を受診していますか?とご主人に伺うと異常はありません。手術をして欲しい と言うのでまず血圧を測ってみたら何と200を越していて何度測ってみても同じでした。ご主人には今日この足で内科に行ってください。と指示し帰って頂きましたが、それっきりになりました。これだけの高血圧患者にいきなり通常の麻酔剤を大量に注射したらそれだけで生命が危険にさらされていたかもしれません。ちょっと犯罪の匂いを感じましたね。