歯科医師ブログ

管理者養成学校研修に参加して

6月30日から7月14日まで、静岡県にある管理者養成学校に、
研修を受けてまいりました。

私が受けた研修は、管理者基礎コースというもので、
別名『地獄の合宿』と呼ばれており
その名の通り本当に厳しいものでした。

合宿中、携帯電話は没収され、テレビや新聞も見れず、
外とは完全に隔離された環境でした。
また私を含め13
人が1つの班として行動して、食事や、訓練、
入浴、就寝を全て一緒に過ごさなければいけませんでした。

訓練は管理者としての心構えを徹底的に教えていただきました。

挨拶、礼儀からはじまり、様々な課題が次々とだされ、
班の方々と協力してクリアしないといけません。
全てが分単位で管理され、遅れることは許されません。
また話す声は喉が張り裂けるくらいの大声でなければいけません。
私は生まれてからこのような経験ははじめてでした。


しかし、訓練を通じて、他の人と協力する大切さ、指導、
注意をする難しさ、自分に足りないものなど
本当に多くの事を学ぶことができ、かけがえのない
貴重な経験をすることができました。


管理者養成学校で学んだ事を、特に礼儀、挨拶を
これからも実践していきます。

また、この経験をいかして患者様に少しでも気分よく治療が
受けて頂けるよう精進してまいります。


 


歯科医師 佐々木秀人