歯科医師ブログ

ジルコニア

今回、入江歯科医院の勤務医によるDrブログを
立ち上げることになりました。これから皆様に様々な情報を
提供して参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。


◇第一回目のテーマはジルコニアです。◇

ジルコニアというう言葉は女性の方でしたら一度は
耳にしたことがあると思います。

そう、人工ダイアモンドとして使われている素材です。

それと歯科と何の関係があるんだと思われる方が
ほとんどではないでしょうか?
実は現在このジルコニアという材料は歯のかぶせ物や
インプラントの上部構造に使用されているのです。

そもそもジルコニアとはセラミックの一種であり、
その硬度、強度は従来、歯科で使用されていたセラミックを
はるかに上回るため以前から歯科材料に使用できないかと
研究が進められてきましたが、
近年、ようやく臨床応用が可能になりました。

ジルコニアは金属より硬く、しかも粘りがあるので
欠けにくいという従来のセラミックの欠点を克服した材料と言えます。
 
当院ではこのジルコニアを使用したクラウン(かぶせ物)や
インプラントの上部構造は数年前から
提供させていただいておりましたが、
前歯から小臼歯までに限らせていただいておりました。

通常ジルコニアクラウンと呼ばれる物は
すべてがジルコニアで出来ているわけではなく、
ジルコニアの裏打ちの上に通常のセラミックを
盛り付けてあるものなので、噛む力が強い大臼歯に使用すると
盛り付けたセラミックの部分が割れる、欠けるなどのトラブルが
起こるため大臼歯部には天然歯、インプラント問わず
ジルコニアは使用しておりませんでした。

そのため当院では大臼歯においては噛み合わせの面が
金属のかぶせ物やインプラント上部構造をメインに提供しておりました。
しかしながら噛み合わせの面が金属である事を嫌がる患者様が
多くいらっしゃるのは確かであります。

そこで当院ではかぶせ物や上部構造をすべてジルコニアで製作した
オールジルコニアというメニューを追加いたしました。

オールジルコニアは噛み合わせの面も金属を使わないので、
審美的に優れております。

ただ欠点としてオールジルコニアは簡単に言えば歯の形をした
ジルコニアの塊であるため患者様の歯の色と同じ色にすることが
困難になります。

そこで噛み合せの面がジルコニアで
側面は患者様の歯の色に合わせたセラミックを盛り付けた
ジルコボンドというメニューもオプションとしてさらに追加しました。

今後、大臼歯部にインプラントを行いたいけれど、
金属色の歯は嫌だという方はぜひ当院にご相談下さい。




噛み合わせの面が金属のインプラント上部構造



ジルコボンドのインプラント上部構造



歯科医師 医長
井上 雄二


********************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com