歯科医師ブログ

マグネットを用いたインプラント治療

マグネット義歯とは、
インプラントに磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)を取り付け、
入れ歯(義歯)に小型磁石を埋め込み、
磁力で入れ歯を安定させるものです。

入れ歯は普通、歯を多く失ってしまった場合に使用され、
残っている歯の何箇所かにバネをかけて、
歯の無い部分を補う方法です。

このため、入れ歯が外れやすい、かみ心地に違和感がある、
バネの金属が見えるため審美的でない、
バネをかける歯に負担をかけてしまうなどがあります。
また歯がない方の場合、経年的に顎の骨がやせていくため、
土手が低くなり、入れ歯の安定が悪くなってしまいます。


 

 

 

この入れ歯に磁石を用いたマグネット義歯を使えば、
磁力の力で入れ歯をしっかり吸着させ安定させることができます。
そしてバネをかけなくても良いため、見た目にも優れます。
歯が残っている方でも、歯が無い方でも、インプラントの本数が
少なくてすみますので、経済的で外科的侵襲が少なくてすみます。


また、土手が大きく吸収している場合には
固定性のインプラント治療では歯がとても長くなってしまったり、
口が唇に落ち込んでしまったり、発声がしづらくなってしまうことが
あります。
こんような方にはインプラントを用いたマグネットデンチャーが
お勧めです。

興味をもたれた方がいられましたら、気軽に相談にいらしてください。

お待ちしております。
 

 

参考資料:マグネットを用いたインプラントの臨床
        クインテッセンス出版


歯科医師 黒田暢



********************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com