歯科医師ブログ

日本有床義歯学会に参加してきました。

2016年11月27日、
JPDAこと日本有床義歯学会の第1回学術大会に参加して参りました。

有床義歯とは入れ歯の学術用語であり、
歯科医師と歯科技工士が中心となって設立された学会です。

日本が高齢社会へと進む中で歯を失った高齢の患者様には
義歯の果たす役割は大きく、必須の分野であることは言うまでもありません。
また入江歯科医院ではインプラントを利用した義歯にも力を入れており、
より患者様に満足してもらえるような義歯を目指し勉強・研究を重ねております。

今回は東京お茶の水にある東京医科歯科大学での開催でした。

外れない下の義歯のスペシャリストとして有名で
海外でも多数講演なされている阿部二郎先生の講演を初め、
いかにして患者様の口の中に合った義歯を作るかなど
多くの演題を聞くことができ勉強になったと共に
とても充実した日となりました。

この学会で学んだことを日々の診療に生かせられるよう
努力していきますのでよろしくお願いします。