歯科医師ブログ

お正月といえば・・・〇〇!! つづき

さて、お餅といえばあの柔らかくて
モチモチして良く伸びる独特の食感が命です。

その食感が故に年末年始に良く起こるのが・・・

お餅をのどに詰まらせる事故です。

元日、都内ではお餅をのどにつまらせて
14人が搬送されています。
特に高齢の方に多くみられます。

原因としては

① 咀嚼能力(食べ物を食べる能力)の低下
② 朝食べることが多く、まだまだ口や喉の動きが悪い
③ 唾液量の減少により口が乾燥する
④ 口に入れるくらいで餅がちょうど固くなりはじめる

などが挙げられます。


東京消防庁によるとは事故を防ぐポイントは

① 餅は小さく食べやすい大きさにする
② 急がず、ゆっくり噛んでから飲み込む
③ 乳幼児や高齢者と一緒に食事するときは注意を払う
④ いざという時の対処を理解しておく

とのことです。

万が一餅などの異物が詰まったら
119番通報・AEDの準備・異物の除去 
を速やかに行いましょう。

おいしいお餅ををこれからもおいしく食べられるように、
これらのポイントに注意しましょう。

そしてもちろん、詰め物やかぶせ物、
歯や歯茎などお口の健康管理もお忘れなく!

今年もよろしくお願い致します。

歯科医師 浅香