歯科医師ブログ

イエテボリ大学スクーリング、カリソルブ・ペリソルブ認定講習会

こんにちは。
歯科医師の佐々木です。

7月1日に、
慶野先生、中山先生と一緒に
「イエテボリ大学スクーリング、カリソルブ・ペリソルブ認定講習会」に
参加してきました。

カリソルブというのは、
スウェーデンで開発された、
むし歯だけを溶かすことができる薬です。

今までのタービンというキーンと音の出る
むし歯を削る器具を使用せずに、
化学的にむし歯を取り除くことができるんです。

また通常のむし歯治療に比べ痛みを感じにくく、
麻酔を使用せずに治療できます。

体への負担が心配される未就学児や高齢者、
または麻酔が合わない体質の方でも利用できます。

ペリソルブというのも
スウェーデンで開発されたもので、
歯に付着した固くなった歯石を溶かす薬品です。

この薬の最大の特徴は、
歯周病菌に侵された上皮の上層を
殺菌できることです。

近年の研究では、
歯周病菌の1つであるP・ジンジバリス菌は
歯周ポケットの奥の上皮細胞内に
多く入り込むことがわかってきています。

つまり、本来の歯石の除去方法に比べ
抗菌効果が強く、1歩進んだスウェーデンの
歯科治療です。

この2薬品は日本でも認可が
降りてますので安心して使用できます。

興味のある方は、
スタッフにお気軽にお尋ねください。

歯科医師 佐々木