衛生士ブログ

歯周病

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。
プラークには非常に多くの細菌が含まれています。その細菌によって歯肉に炎症を起こしそして歯を支えている骨を溶かしていくのです。
そのまま放置しておくとやがて歯がぐらぐらと動き出し、最後には自然に抜け落ちてしまいます。
歯を失う原因は20代では虫歯ですが、30代になるとその原因は歯周病に取って代わります。日本人の30代の約80%が歯周病にかかっていると言われ、35歳以上になると約70%の方が歯周病によって歯を失っているという報告も出ているのです。日本での歯周病患者数は9,000万人とも言われ、まさに国民病とも言える病気なのです。
    

                                骨がとけて歯を支えられなくなっている(右図)


歯科衛生士 島嵜薫