衛生士ブログ

口臭の原因1

 ①歯周病

お口の中には、細菌が数多く存在しています。歯周病とは歯と歯茎の間に磨き残しの放置により歯周病菌が入り、歯周ポケットができます。歯周ポケットの中に歯周病菌が存在すると歯肉が赤く炎症がおこり、歯磨きすると出血するという症状が出てきます。歯周病菌により歯を支える骨が細菌から逃げようとして歯を支える骨が溶けてしまい歯がぐらぐらして、いずれは歯が抜けてしまう病気です。歯周ポケットの中の歯周病菌や、お口の中の細菌によって分解された物質が悪臭として発生するのが歯周病の口臭です。

自分でまずはチェックしましょう。

□ 歯がグラグラする
□ 歯磨きをすると血がでる
□ 歯肉がよく腫れる
□ 口の中がネバネバする

どれが1つでも当てはまっていたら歯周病の可能性があります。

歯科医院で歯周病か診断してらうのが良いでしょう。30代以上の方の80%の方が歯周病と言われています。皆様はいかがでしょうか?

歯科衛生士 田中絵里子