衛生士ブログ

口臭の原因を思い出してみて下さい3

 

「自臭症」

実際には口臭が全然ひどいわけではなく、本人がそう思い込んでいるだけの「自臭症」というものがあります。
これは口臭に対して神経質になりすぎていたり、友人や家族から口が臭いと言われたのを気にしすぎるあまり起こるものです。このような人は口臭についての正しい知識を身に付け、口臭に対する恐怖心を克服することが一番大切になります。

「生理的な口臭」

口臭は誰にでもあるもので口臭が無いとされる人の場合でも少なからず臭いはします。
また、普段は口臭が気にならない人でも、その人の状態によっては一時的に強い口臭が出ることがあります。これを生理的な口臭と言います。具体的には朝起きた直後、臭いの強い食品を食べた時、疲れている時、緊張している時などに口臭を感じるということです。


自臭症の人は口臭のメカニズムを理解して、こういう場合に多少口臭が出るのは仕方の無いことだとある意味開き直ることが必要です。

口臭に関しては1番の原因はやはり歯周病(プラークコントロール)と虫歯です。

口臭がなぜ強く感じられるのか、正しい知識を理解し口臭対策の方法も合わせて知っておくといいかも知れませんね。



歯科衛生士 石原まりも