衛生士ブログ

セルフケアの重要性

 

 以前当ブログでも歯周病についてとりあげていましたので、歯周病についてよくご存知の方もいらっしゃると思います。歯周病は今や、歯を失う大きな原因となっている恐ろしい病気です。

 では、歯周病を予防するためにはどのようにしたらいいのでしょうか?また、歯周病と診断された場合にはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

 歯周病の予防・治療において最も重要なことは原因の除去=プラークの除去を行うことです。プラークとは歯周病やむし歯の原因となるもので細菌の塊です。もともとはお食事された時の食べカスですが、時間の経過とともにプラークへと変わっていくのです。そして、このプラークを除去するために最も有用で手軽に行えるのが日々のブラッシング(歯みがき)です。みなさま一人一人自らで行うケア=セルフケアが歯周病の治療・予防に大きな効果をもたらすのです。

 もちろん、歯石の沈着があったり歯周病が進行していてポケットが深くなっていたりする場合には歯科医師や歯科衛生士の手による処置=プロフェッショナルケア(専門家による処置)が必要となってきます。ただ、それと併用してセルフケアを行っていただくことでその効果は格段にあがります。


歯科衛生士 八島貴世