衛生士ブログ

喫煙と歯周病

 

歯と歯肉の境目に汚れがあると、歯ぐき(歯肉)が腫れて、歯を支える骨が細菌から逃げるため骨が下がるのが歯周病です。そして、歯を支えている骨が弱くなると歯がグラグラして最終的に抜けてしまいます。

 

喫煙と非喫煙者では、その歯茎に与える影響が違ってきます。

 

たばこを吸うと、

ニコチン・タール・一酸化炭素により歯の周りにある組織の抵抗力が低下すると歯周病にかかりやすくなります。

また、歯ぐきの末梢血管が収縮して血液の流れが低下するために歯ぐきの炎症や出血も少なくなり、腫れも出にくいため歯周病が進行しているのに気付きにくくなります。

 

喫煙者と非喫煙者と比べると、歯周病の原因の1つのプラーク(歯ブラシで取れる細菌の塊)の付着率は変化がありません。

しかし、歯周病の進行を見ると、喫煙者は非喫煙者に比べて2~8倍歯周病が進行するリスクがあると日本臨床歯周病学会で報告されています

歯周病の治療をしても喫煙者の方は、治療の効果が下がると占めされています。それは、一酸化炭素はニコチンとともに体の免疫力を低下させてしまいます。これらの有害物質の相乗作用によって歯周病は悪化し治療しても経過が不良になりやすくなります。そのため、禁煙が必要です。