衛生士ブログ

歯周病と心臓血管疾患の関係

 

歯周病と心臓血管疾患の関係

歯周病の人は心筋梗塞などの心臓血管疾患にかかる確率が高いともいわれています。

心臓血管疾患で最近重視されているのは、脳梗塞、心臓冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)、動脈硬化症などの原因となるアテローム血栓症です。アテローム血栓症は、酸素や栄養を運ぶ太い動脈の中で血栓を作って症状を引き起こします。血栓を作る危険因子は、血管の損傷、喫煙、高コレステロール血症そして歯周病のような細菌感染です。歯周病原菌が出す毒素は、歯肉から血管に入り込み血管内に炎症を引き起こし血栓を作ります。また、ある歯周病原菌は血小板を凝集させる病原性をもっていて、凝集した血小板がはがれ血流に入り血栓がつくられる可能性もあると言われていて、脳硬塞や心筋梗塞を引き起こす可能性が考えられています。参考;日本歯周病学会



歯科衛生士 石原まりも