衛生士ブログ

ライフステージに応じたお口の健康管理(3歳~5歳までのお口の健康管理)

 

今回は3歳~5歳までのお口の健康管理について
お話したいと思います。

 

この時期の特徴としては、段々と社会性が発達するようになり、

少しずつ協調性が出始め、自己抑制が出来るようになってきます。

3歳までに獲得した生活習慣の定着と成熟を図る時期でもあります。

 

4~5歳ごろは第一大臼歯(6歳臼歯といわれる奥歯)の
生え始めで
乳歯と永久歯が混合した歯並びの時期に入ります。

 

友達とのグループ遊びが頻繁になるに伴い、保護者の管理下を
離れる時間が増え、
虫歯を誘発する食品を摂取する機会が
多くなります。

周囲との会話を好み、物事の相互関係を理解するように
なりますので、
歯を守るための歯磨きの大切さをやさしく説明し、

お子さん自身が積極的に協力できるような環境づくりを
していきましょう。

 

そのうち大人の歯が生えてくるから、と乳歯の虫歯を
放っておくのは禁物です。

乳歯に虫歯が多いとよく噛むことができず、顎が十分に
成長しません。

それによって永久歯の歯並びが悪くなり、

歯磨きがしにくい状態=永久歯も虫歯になってしまうのです。

 

小学校入学前になると、お子さん一人でも上手に歯磨きが
出来ているように見えますが、
実際は虫歯になりやすい部分に
磨き残しが多くあります。

 

↓奥歯の裏(舌)側、噛み合う面の溝の磨き残し



 

まだまだ仕上げ磨きが必要な時期ですので、

必ず行ってあげるようにして下さい。

仕上げ磨きの際に歯磨き剤をたくさんつけると
お口の中が泡だらけになってしまいますので、

仕上げ磨きには歯磨き剤を少量にするか水に濡らした
歯ブラシで磨いてあげましょう。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


歯科衛生士 吉田真美



************************************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com