衛生士ブログ

ライフステージに応じたお口の健康管理 6歳ごろ(第1大臼歯)

今回は6歳ごろにお口の中に生えてくる大人の歯(永久歯)
の第1大臼歯について、お話します。


6
歳ごろになると、大人の歯(永久歯)も生えてきて
自分でしっかり磨けるようにしていく必要があります。
特に今回は1番虫歯になりやすい第1大臼歯に
ついてお話します。

 


[第一大臼歯のお話]


6
歳ごろに子供の歯(乳歯)の奥から、大人の歯(永久歯)の
1大臼歯が生えてきます。
1大臼歯は、大人の歯(永久歯)の中で1番大きく、
噛む力が強く、歯並びや噛み合わせの基本となる歯です。


とても大事な第1大臼歯ですが、虫歯になりやすい
歯でもあります。

虫歯になりやすい理由を大きく3つにまとめると

 


1、噛む面のところの溝が深く歯ブラシが溝のところまで
    届きにくい


2、子供の歯(乳歯)の奥に生えるので気付きにくい


3、生え始めはまだ、歯の高さが低いため歯ブラシが
    届きにくい 

 


このようなことが主に挙げられます。

 

 

  

 

 

次回は第1大臼歯が虫歯にさせないための
4つの方法をお話します。


最後までお読み頂きましてありがとうございました。


歯科衛生士 田中絵里子




************************************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com