衛生士ブログ

キシリトールについて

キシリトールとは、
白樺(しらかば)や、樫(かし)の樹木を
つかってできた虫歯の原因になる酸を
つくらない天然素材の甘味料です。


実は、キシリトールは、
いちごに100グラム中362mg
ほうれん草に100グラム中107㎎含まれています。

ただ、量が微量の為、
これらを食べても虫歯予防の効果は低いようです。



通常、虫歯になるには食物を食べ、
歯の表面や隙間に残った糖を
お口の中にいる虫歯菌が摂取することで
砂糖を分解し酸を発生させます。
酸が発生すると、酸によって歯の表面が
溶かされ黒くなり、虫歯になってしまうのです。



キシリトールが働くと、
砂糖と同じ甘さのキシリトールですが
虫歯菌はキシリトールを食べても砂糖と異なって、
分解できず酸を作れないために、
虫歯菌が弱まってしまうのです。


キシリトールを有効に使い、
お口の中を虫歯にならないようにしたいものです。



しかし、キシリトールを食べるだけで
いいのでしょうか。
他に何か気をつけることは、特にないでしょうか。

 


キシリトールを取るのも良いですが、
その前に大事なことがあります。


1.歯磨きをすること。


2.フッ素入りの歯磨き剤を使うこと。


3.正しい食生活、1日3回時間を決めての食生活をする。


4.歯科医院で定期検診を受ける。

※これらの4つのことが出来ていることが
虫歯予防において重要なことです。



~キシリトールの効率的な摂取の仕方~

キシリトールはタブレットやガムなど
お口の中に長くとどまるものが効果的です。
1番のオススメはキシリトール甘味料100%のものが
良いでしょう。


ちなみに入江歯科医院で販売している
キシリトールガムは
キシリトール甘味料100%含んでいるため
オススメです。
また、その他にも当院では
キシリトールチョコを販売しております。



キシリトールでしっかり虫歯予防をするためには
13回高濃度のキシリトールガムなどを摂取し
3か月以上続けると効果的です。

ただし、食べすぎるとお腹がゆるくなる場合が
ありますのでご注意ください。



今日からキシリトール習慣スタートしてみませんか?


歯科衛生士 田中絵里子


********************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com