衛生士ブログ

歯磨剤(歯磨き粉)とは

みなさんは歯を磨くとき歯磨き粉を使いますか?

歯磨粉


歯磨きの補助と歯の病気予防(むし歯、歯周病など)のために歯ブラシと一緒に使用するものです。
歯磨剤(歯磨き粉)は正しく使用する事により、より良い効果が得られます。

例えば・・・

・歯についた歯垢(プラーク)を除去しやすくし、再び汚れがつくのを抑えてくれます。
・口の中をキレイにすることにより口臭予防にも効果があります。
今ではほとんどの人が歯磨剤(歯磨き粉)を使用していて90%近くがむし歯予防の為の
フッ化物が入っている歯磨剤(歯磨き粉)が主流です。
歯磨き粉の形状にはみなさまがよく使う市販のペースト(練り)状のもの以外にも何種類かあります。 

・ペースト状のもの


・フォーム(泡)状のもの


・ゼリー状のもの 


・液体のもの

・粉製のもの

などがあります。

歯磨剤(歯磨き粉)には基本成分と薬用(薬効)成分があります。

基本成分には・・・
研磨剤 - プラーク(歯垢)を落とす。
湿潤剤 - 乾燥を防ぐもの。
結合剤 - 成分を分離させないもの。
発砲剤 - 泡を発生させるもの。
香味剤 - 爽快感を与えるものなどがあります。

これらは「化粧品歯磨剤」に分類されます。

薬用成分には・・・
むし歯・歯肉炎・歯周炎・口臭予防をするための成分です。
これらは「医薬部外品歯磨剤」に分類されます。

皆様はどういった歯磨剤をお使いですか? 
次回は歯磨剤(歯磨き粉)の基本的な使い方とその効果についてしょうかいしていきますのでお楽しみに・・・

歯科衛生士 宮澤希衣