衛生士ブログ

入江歯科の滅菌・消毒4

更新の時間が空いてしまい申し訳ございません。

今回も引き続き、
入江歯科医院の滅菌・消毒についてお話したいと思います。

前回ご説明したオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)は
短時間での滅菌処理が可能ですが、
歯科で使用される機材はプラスチックやゴムなど
オートクレーブの高温に耐えられない素材で
作られているものもありますので、
そういったものはガス滅菌器にかけていきます。

当院で使用されているガス滅菌器です。

ガス滅菌はエチレンオキサイドガス(EOG)という
専用のガスを庫内に行き渡らせ、
浸透させることによって機材を滅菌します。

オートクレーブの高温処理とは違い
低温での滅菌となりますので、
お口の中の写真を撮る時に使用する
アングルワイダー(お口を開く道具)や
ミラー、お口の中で使用するハサミも劣化させずに
安全に滅菌することができます。

オートクレーブより多様な機材の滅菌が
可能なガス滅菌ですが、機械が高額なこと、
オートクレーブより滅菌時間がかかることから
(オートクレーブ1時間、ガス滅菌14時間)
ガス滅菌を設置していない医院もありますが、
オートクレーブとガス滅菌があれば
歯科で使用する機材の滅菌を広い範囲で
カバーすることが可能です。

また、当院で使用しているエプロンやコップは
ディスポーザブル(使い捨て)に、
お顔にかけるタオルや術者用のゴム手袋も
患者様ごとに交換しています。

今回まで入江歯科医院で行っている
消毒、滅菌についてご説明してきました。

普段表から見えない部分ではありますが、
常日頃感染予防対策を徹底することで、
患者様に安心して治療を受けて頂きたい
と思っております。

歯科衛生士 吉田