衛生士ブログ

犬と歯のおはなし

こんにちは、歯科衛生士の八島です。
今回はいつもと違った内容で書かせていただきます♪

みなさんはペットを飼っていますか?
我が家には今年で6歳になった柴犬がいます。

見返り美人♪♪男の子ですが(笑)


前になりますが、予防接種に動物病院に行った際に
気になる情報を目にしました。

それは、『犬も歯周病にかかる』というのです!

犬を飼ってる方も多くいると思いますが、
ご存知でしたか?私は初めて知ったので大変驚きました。

なんと3歳以上の犬(猫も)の80%は歯周病が生じてる
ともいわれているそうです!
進行すると口臭がしたり、歯に痛みが出て
食事や遊びにも支障をきたすことがあるそうです。

また、重度になると全身麻酔をして
歯石の除去が必要になるとのこと…。
犬にとっての全身麻酔は命がけなので、
できれば避けたい事態ですよね。

犬の歯周病の原因もプラーク・歯石です。
犬も予防のためのブラッシング(毛ではなくて歯です!)
が必要なのです。
なかなか難しそうですが、大切な家族なので私も頑張って
実践してみようと思います!

ペットショップにも歯を強くしたり、
きれいにする道具やおもちゃがあったと思います。
みなさんもご自身のお口はもちろんのこと、
大切なペットのお口のケアも気にしてあげてみてください♪

余談ですが、学生時代に講師の先生が

『犬の歯は全部犬歯なのかな?犬の歯だもんね?』

と言っていたのですが、
犬も犬歯は上下左右に一本ずつで、
他は切歯(前歯)と臼歯(奥歯)とに分けられるそうですよ!

歯科衛生士 八島