審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

様々な方法で短期間に美しい歯並びと白く美しい歯を手に入れる方法です。 矯正をし歯を綺麗にすることで、口元をキレイにし、表情や立ち振る舞いまでも、明るく綺麗に変化していきます。

歯や口元にコンプレックスをお持ちの方は沢山いる事と思います。美しい歯並びと白く美しい歯を手に入れ、心からの笑顔を取り戻すための矯正です。様々なお口のお悩みを解決するための方法は沢山あります。

歯の形を変えたい ―ラミネートベニア―

ラミネートベニア法は、歯を白くしたい、歯の形・大きさ・歯並びを変えたい、あるいは歯のすき間を改善したい場合に応用される治療方法です。
歯の表面をセラミック素材による付け歯(セラミックでつくった薄いシェル、付け爪のようなもの)を 貼り付けることによってカバーしてしまうので、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を全体的に整えるのに最適です。
適用できる症状は、変色した歯、すき間のある前歯、虫歯、軽くねじれている歯、欠けたり折れたりしている歯、磨耗している歯、斑状歯(はんじようし)など非常に範囲が広く、安全で耐久性があります。
セラミックなので歯ぐきにやさしく、磨耗や変色の心配がないのがメリットです。 ※当院では行っておりません。

大きな虫歯がある ―セラミッククラウン―

虫歯が広範囲の場合や神経を取り除いたりした場合、歯全体に金属を覆いかぶせ、白い歯を演出するのがセラミッククラウンです。笑った時など、その目立ちぶりはインレーの比ではありません。透明感のある、より自然な感じに仕上がります。
セラミックスのかぶせ物には大きく分けて、「メタルボンドクラウン」と「オールセラミクスクラウン」の2種類があります。

セラミッククラウンの種類

メタルボンドセラミックスクラウン

高温でセラミックスと金属を結合させたクラウンを使用し、審美性と強度を合わせ持った信頼性の高い修復方法です。かぶせ物の表面だけにセラミックスを焼き付け、内面には金属を使用します。 メタルボンドセラミックスクラウンは、大きく分けて2種類あり、ゴールド系とシルバー系に分けられます。ゴールドセラミッククラウンは、歯並びを揃えたり(クイック矯正)、ブリッジ(強度的に強くする場合)にするのに適しています。 それに対してスタンダードセラミックスクラウンは、小臼歯・大臼歯(奥歯)を白くするのに適しています。

メタルボンドセラミックスクラウン
オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは金属を一切使用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。またこの方法で、部分的な歯列の矯正も可能です。
オールセラミッククラウン法は、歯肉にとって有害な作用がなく、やさしい材料による修復といえます。金属を使わないため、アレルギーの方も安心です。

セラミッククラウンの手順

  • STEP1
    虫歯の部分を丁寧に削り、歯根もキレイにします。
    虫歯の部分を丁寧に削り、歯根もキレイにします。
  • STEP2
    金属でできた歯の土台をいれます。
    金属でできた歯の土台をいれます。
  • STEP3
    セラミックのクラウンを土台に装着して仕上げます。
    作製したオールセラミッククラウンを被せて修了です。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

専門の薬剤を使用し、白くすることをホワイトニングといいます。歯を削ったり抜いたりしないので、他の方法に比べて歯に対するリスクが少ないのが特徴です。しかも、自分に合ったホワイトニング法を選択すれば「ホワイトニングをしても歯が白くならない」というケースは、殆どありません。一人一人にあった方法を選択することが1番大切です。必ずあなたも白い美しい歯を手に入れる事ができるでしょう。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの際に最も見られる副作用としては、温熱に対する知覚過敏症です。しかしこの知覚過敏症は一過性のものであり、歯髄にダメージを与えることはありません。また、ホワイトニングの最中に認められる知覚過敏症は、冷水痛や擦過痛を伴ういわゆる象牙質知覚過敏症とは異なります。 過酸化水素が歯肉・軟組織に接触すると、濃度にもよりますが、やけどのような症状をおこすことがあります。このような症状(見た目の白濁やヒリヒリ感)は短時間で消えますので、心配することはありません。過酸化水素は歯のエナメル質に作用させても、歯質には影響ありません。

ホワイトニングに使用する薬剤

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングに用いられる薬剤は様々な種類がありますが、基本成分は全て、過酸化水素か過酸化尿素です。その他に基材(マトリックスキャリア)や知覚過敏防止剤、クエン酸、香料、フッ化ナトリウムなどが含まれています。 過酸化水素は日本では抗菌剤として日本薬局方に記載されており、その3%溶液はオキシドールの名称で広く知られています。薬剤中の漂白作用を有する成分は、過酸化水素の分解の際に発生する活性酸素です。過酸化尿素は、尿素と過酸化水素に解離してから活性酸素を放出します。この活性酸素が、歯の中に入り込んでいる着色や変色の原因になっている物質に作用し漂白することにより歯が白くなるのです。

後戻り

歯はホワイトニングにより一度白くなったら、時間と共に元の色に戻ることはありません。しかしホワイトニングで一度白い歯を手に入れたら、その後は定期的なメンテナンスを行うことをオススメいたします。たとえ白い歯になってもお手入れを怠るのは良くないことです。 定期的に受診していただく事が白い歯をキープすることの秘訣です。

ホワイトニングができない人

絶対的禁症

・無カラターゼ症(acatalasemia)の方、過酸化水素を分解する酵索をもっていない方です。

相対的禁症

・妊婦および授乳中の女性
・幼児(10~14才以上であればブリーチングは可能です)
・虫歯や歯周病の酷い方(ホワイトニング前に治療が必要です)

歯の変色の原因

外因性のもの

1
たばこ、コーヒー、赤ワインなど、食品の色素、汚れが歯に付着したもの
2
詰め物や、かぶせ物の変色や、その材料から出るイオンによるもの

内因性のもの

1. 加齢による黄ばみ
磨耗して薄くなったエナメル質が、象牙質の色を透過しやすくなる事で黄ばんで見えます。
2. 薬(テトラサイクリン)による変色
テトラサイクリンを歯の形成期に服用すると変色が起こります。変色の程度は、第1度から第4度に分類されます。第2度まではホワイトニングの対象となります。第3度ではホワイトニングを根気よく繰り返すことでおおむね対処できますが、第4度は目立たなくなる程度です。
3. フッ素によるもの
高濃度のフッ素によって、歯に白斑ができたり、重度の場合は黒褐色に着色する事があります。軽度はホワイトニングにより対処できます。
4. 神経を取った後の変色
神経の取り残しなどで、取り残した神経が腐って神経の取り残し等でその取り残した神経が腐って変色を起こします。内部からの漂白。または、さし歯により対処します。

ホワイトニングの手順 -ホームホワイトニング-

2001年12月に厚生省で認可された歯医者さんの指示に従ってお家で行なう方法です。

  • STEP1
    虫歯などがあれば治療をします。
    (もちろん、必要がなければ行ないません)
  • STEP2
    歯型取りを行ないます。
  • STEP3
    ブラッシングでは落としきれない歯の汚れや歯石を除去します。
  • STEP4
    患者様の歯型から作製したマウスピースが完成しました。
    マウスピースへのホワイトニング剤の注入の仕方や装着の仕方をご説明します。
  • STEP5
    就寝時などを利用してマウスピースにホワイトニング剤を注入して装着するだけです。
    これを2週間続けます。

ホームホワイトニングの際のご注意

  • 個人差がありますが、ホワイトニング中に歯が凍みるような場合があります。 しかし、治療終了とともに痛みは消えます。
  • 回数や治療期間には個人差があります。 1回のホワイトニングで希望した白さになる人もいれば、 数回のホワイトニングが必要な人もいます。
  • 永久に白いままではありません。 定期的にメインテナンスを受ける事が必要です。
  • 人工の歯や被せた歯を白くすることはできません。
※当院ではオフィスホワイトニング及びデュアルホワイトニングは行なっておりません

審美歯科Q&A

Q

歯を削った後に金属ではなく白い歯にする方法はどんなのがありますか?

A

削る大きさや形によって違ってきますが、グラディアやセラミックなどがあります。

Q

たばこの汚れだと思うのですが、歯についた汚れを落とす方法はありますか?

A

この着色をとる方法ですが、当院では 3通りの方法があります。
まず、 エアーフローという方法です。細かい粒子を汚れた部分に吹きつけ着色をとる方法になります。
強く着色している場合は特に効果的です。
2つ目は PMTC という方法です。歯と歯の間や歯と歯肉の境目など自分では磨きづらい所も専門家が特殊な道具を使って汚れを完全に取り除きます。さらに歯の表面を磨いてつるつるにして汚れをつきにくくします。
3つ目はホワイトニング(漂白)になります。歯を白くするのを第一の目的としますが、その過程で歯の着色を取り除いてくれます。

Q

すぐに歯を白くしたいのですができますか?

A

オフィスホワイトニングという、1回の受診である程度白くする方法があります。但し、1回の来院で充分な効果を得る事は難しいので何回か通院はして頂くことになります。
今当院でお勧めしているのは、ホームホワイトニングになります。
これは、自宅で手軽に行なう事が出来ます。1回の来院で漂白用のキッド、使用方法や注意点などの指導を行ないます。
あとは、ご自分の都合のいい時間にホワイトニングをするだけになります。
但し期間が2週間程必要となってきます。
その他に歯を削って被せ物の色を変えるという方法もあります。

Q

審美歯科と書かれてないのですが、審美はやっていますか?

A

審美歯科もやっております。
当院では技工物製作等にあたり審美はあたり前のように行なっておりますのでとくに標榜しておりせん。患者様と歯科医師だけの診療では無く、歯科衛生士、歯科技工士を加えた診療で行なっておりますので患者様が満足できるものに仕上がるかと思います。

Q

フッ素塗布は保険がきかないと 聞きますが高いものなのですが?

A

当院では、上下合計で4200円となります。
但し、お子さんが自己管理(きちんと歯ブラシ)出来る様になるまでは 年に3~4回行う事でさらに効果を得る事ができます。

Q

歯石を取りにいこうと思ってます。喫煙者の為、黄ばみもあります。歯石取りでヤニもとれるんでしょうか?

A

歯石掃除した結果、歯石についていた色はとれますがヤニといわれる物は歯の方にたくさんつきますので、歯のヤニはとれません。
また、歯石掃除は歯周病治療に必要な医療行為で、健康保険を利用することができますが、単なるヤニといわれるもののクリーニングは美容上の問題との厚生省見解がでており保険外となっております。