矯正歯科

矯正歯科について

担当医のご紹介

学歴・職歴
日本歯科大学卒業
神奈川歯科大学 矯正科
認定医
日本矯正歯科学会 認定医
所属学会
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会

ワイヤー矯正について

矯正歯科の中にも特に審美に富んでいるのが、歯の表面に透明なセラミック装置をつけるワイヤー矯正です。かっこ悪い、装置が目立つ等、見た目のことを考える方も多いと思います。しかし、最近ではプラスチックが透明な装置や乳白色の装置もあります。強度の高いセラミック製の乳白色ブラケットが一般的です。ワイヤーは金属を使うことが多いのですが、白いワイヤーを用いると更に目立たなくなります。また、カラーゴムなどを使って、可愛くおしゃれに矯正治療ができるようにもなりました。

ワイヤー矯正の種類

セラミックブラケット セラミックブラケット

セラミックで作られている、透明な矯正ブラケット装置です。見た目は目立たず、矯正装置を付けていることもほとんどわかりません。
治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

プラスチックブラケット プラスチックブラケット

プラスチックで作られている、透明な矯正装置です。すこし金属が見える程度で、ほとんど目立ちません。こちらも、治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

リンガルブラケット リンガルブラケット

見えない矯正装置。矯正装置を表側ではなく裏側に付けます。歯の裏側に矯正装置を付けることで、誰にも気付かれずに綺麗な歯並びにすることが出来ます。お友達や周りの人に矯正していることを知られたくないとお考えの人に最適です。

メタルブラケット メタルブラケット

治療費も安く、金属の特性により薄くて丈夫な矯正装置です。昔は金属バンドを用いて装着していたので、お口の中がかなりギラギラしたイメージになってしまいましたが、現在は接着剤の発達によって小さな金属の粒を貼り付けるだけですので、昔ほど目立たなくなりました。

装置をつける場所の違いについて

表側(歯の表面にブラケットをつける方法)

  • メリット
    • 歯が動きやすいのが欠点です。
    • ブラケットの周りの汚れが目に 見えるので歯磨きを積極的に行うように なります。
    • 歯医者さんにとって、調整が比較的 楽です。
  • デメリット
    • 口を開けた時に目立ってしまいます。
    • 歯の上にブラケットがあるため、 口が閉じにくくなってしまいます。
    • 唇や頬の裏などに装置が当たってしまい、 口内炎になりやすくなってしまいます。

裏側(歯の裏側にブラケットをつける方法)

また、リンガルともいいます。裏側につける場合は一般的にメタルブラケットを使用します。

  • メリット
    • 外見からは全く見えず、目立ちません。
    • 歯磨きはしにくいですが、唾液の自浄 作用の恩恵に預かれるため、比較的虫歯 になりにくいです。
    • 歯の状態によっては、表側にブラケット をつけるよりも効果的に動かすことが できます。
  • デメリット
    • ブラケットに慣れるまで、しゃべり にくくなります。
    • 舌に装置が当たり、慣れるまでは痛みが あります。
    • 一般的に、表側よりも治療器間が長く、 費用も高いです。

治療の流れ

  • STEP1
    カウンセリング診断
    患者様のご希望やご相談に丁寧にお答えして治療の内容とご説明します。
  • STEP2
    診断
    装置の装着前に口腔内の検査を行ないます。検査から得られた資料をもとに治療計画をたてて治療に入ります。検査の時点で虫歯や歯周病が見つかった場合は治療後に矯正を始めます。
  • STEP3
    装置セット
    装置を装着します。装着直後は多少違和感がありますが次第に慣れていきます。また、担当医より装置を付けた状態での歯磨き指導を行ないます。
  • STEP4
    処置 ※1ヶ月に一度
    装置装着期間中は1ヶ月に一度の頻度で通院していただき治療経過の確認と調整を行ないます。
  • STEP5
    装置除去
    治療計画に沿って葉の移動が完了したら装置を外します。正常な歯並びになったことを実感いただけることでしょう。
  • STEP6
    リテーナー (1ヵ月後/2ヵ月後/3ヵ月後/1~1年半経過観察)
    装置により歯の移動が完了しても治療は終わってはいません。装置を外してから後戻りを抑えるため保定装置(リテーナー)を使用します。以降は1ヶ月後・2ヶ月後・3ヶ月後・1~1年半の割合で経過を観察します。

矯正歯科Q&A

Q

私は矯正をしたいと考えているのですが、完全に終了するにはどのくらいの期間が必要ですか?

A

矯正の装置を取り付けている期間はだいたい、1年半から2年になります。その後、リテーナーというものを1年くらいつけて頂いて、ようやく完了となります。

Q

矯正をしても何でも好きなものを食べられますか?!

A

何でも好きなものを食べて頂いても結構ですが、カレーやトマトソースを食べてしまうと矯正の装置に色が写ってしまいますので、少々恥ずかしい思いをしてしまうことになります。また、ガムを食べてしまうと虫歯の原因にもなりますので、キシリトール入りのガムをお勧め致します。

Q

矯正をしたら、どのくらいの周期で 歯医者に通わなくてはいけないの?

A

装置を装着するまでは月に何回か通って、レントゲンを撮ったり、印象をとったりとして頂くことになりますが、装置を装着してしまったら、一ケ月に一回定期的に通って頂くだけの治療になります。

Q

歯は普通に磨けますか?

A

やはり、普段どおりにとはいきませんが、矯正用の歯ブラシがございますので、そちらで磨いて頂くことになります。

Q

矯正は 調整料など含めて、トータルでいくら位かかりますか?

A

矯正のトップページに矯正料金の一覧表が御座いますので、そちらをご参照下さい。

Q

矯正後の保定装置について。矯正歯科医院からは、保定装置は一生したほうが良いと言われました。ただ、ワイヤーが横一筋まる見えになっています。目立つ装置を目立たない、見えない装置に変えることは可能でしょうか?

A

元の歯並びなどにもよりますが、理想的には保定装置は一生したほうが良いと言われています。
装置についてですが、現在前歯の部分にはワイヤーの代わりに透明な樹脂を使ってものや、透明なマウスピースの様なものも有ります。この様なものに交換することも可能です。

Q

矯正と同時進行で虫歯などの治療も可能でしょうか?また、その場合、虫歯の治療は保険がききますか?

A

矯正とその他の疾患の治療は同時進行が理想ですから、もちろん行っております。保険は扱っていますが、他の医院同様、選択するものによっては自費になる場合もあります。
担当医もしくは担当衛生士とご相談下さい。

Q

上歯の一本が奥に入っていて、それを直したいんですが、裏側の矯正で部分矯正は可能ですか??

A

裏側の部分矯正も可能です。

Q

私は歯周病で揺れる歯が2本ぐらいあります。矯正したいのですがこのような場合でも出来ますでしょうか?

A

歯周病の歯を移動させる事は簡単であります。しかし固定させる事がとてもむずかしいのです。歯周治療が経験豊富でなおかつ矯正専門医のいるところを選ぶ事をお勧めします。