衛生士ブログ

海外ボランティア in ミャンマー

こんにちは!
歯科衛生士の清水です(・∀・)
すこし前の話になりますが、
2018年6月10日~15日で
ミャンマーに行ってきました。
観光
…ではなく
歯科衛生士として
ボランティア活動に
参加してきたのです!

昔から海外ボランティアに興味があったので、
友達歯科衛生士の誘いを受け
二つ返事で参加を決めました(笑)
勢い勇んで
「行く!!」
と言ってみたものの、
果たして診療を
こんなに長くお休みしていいのかしら??
…ドキドキしながら院長に相談したところ
快く許可してくれました!
こんなところも入江歯科の良いところの1つです^_^

さて、私が参加したのは、
歯科医の先生が個人的に有志を募って集まった、
出来立てホヤホヤの小さなグループです。
発展途上国において、
年一回の活動で効果的な歯科疾患の
予防活動ができないだろうか…
という想いのもと発足しました。
昨年は歯科医師のみで3名、
今年は歯科衛生士と歯科技工士も加わって
計8名での活動となりました。
規模が小さく、まだ成熟していないグループなので、
手探りの部分も多く困惑することもありました。

が、

その反面、自由度が高く、
「こんなことをやりたい!」とか
「こういうこともできるんじゃないか?」などなど…
みんなでアイデアを出し合いながら、
具体的にどういったことをしていくか
決めていけるところは楽しさがありました。

グループ名も今年決まりました。
『笑顔と健康のための歯科支援チーム
~Dental Support Team for Smile and Health~ 』
 です!(以下DST)

ユニホームも作りました(・∀・)
なんだか一体感出た (笑)♪

そんなDSTの2018年の活動目標?

①健診やアンケートを用いて現状を把握
②口腔内写真を撮影し、有用性を検討
③現地のニーズに応える(治療)

昨年活動された先生たちが、
現地で足がかりをつくってくれていたこともあり、
活動の場はすでに学校と決まっておりました。
教室の一室をお借りして、
健診や治療を行っていきます。

そして口腔衛生指導・食生活指導も
子どもたちに行うこととなりました。
しかし、いざ指導用の媒体をつくるにあたって、
壁にぶつかります。

ミャンマーの子供たちの食生活は?
おやつはなにを食べてるの??
そもそも歯ブラシ習慣はあるの???

文化が違えばいろいろな違いがあります。
 私たち日本人が常識だと思っていることが
ミャンマーでは通用しないかもしれない…
わからないことだらけでしたが、
日本に住んでるミャンマーの方に
お話を聞いたりしながら
なんとか形にすることは出来ました。

さて、いよいよ出発の日を迎え、
入江での診療が終わってそのまま羽田に直行。
夜中に日本を発つ便で行くので、
疲れて寝れるだろうと思っていました。

…が!!

興奮の為か飛行機の中だからなのか、
あまりよく寝られず??
トランジットも含めて11時間ほどの
フライトだったので疲れも溜まっていたような
気がしましたが、活動の場へと
そのまま向かうのでした…

果たして現地では
どんなことが待ち受けているのか。。。

次回へつづく!お楽しみに!