歯科医師ブログ

顎関節症になっちゃいました

こんにちは、歯科医師の柳沢です。

近年、増えているといわれる顎関節症ですが、
私も先日、顎関節症の患者の仲間入りをしました。

顎関節症には様々な原因がありますが、
私の場合、睡眠時の「ブラキシズム」が
一番の原因ではないかと考えています。

ブラキシズムとはいわゆる"歯ぎしり"のことで、
ギリギリする「グラインディング」、
カチカチする「タッピング」、
食いしばる「クレンチング」
の総称です。

起きている時は「これ以上噛むと危ない!」という
脳のシグナルが働くので必要以上に強い力で
噛むことはありませんが、
睡眠時は大人一人分以上の大きな力で
ブラキシズムを行っている場合があります。

歯が平らになったりえぐれたりしている人、
下顎骨がポコポコ丸く出っ張っている人、
顎の骨や筋肉がしっかりしている人は、
ブラキシズムがあるかもしれません。

ブラキシズムは顎関節症だけでなく
歯が割れたり被せ物が取れたりする原因に
なりかねないので注意が必要です。

食事のたびに痛いしマウスピースは気持ち悪いし、
顎関節症って結構つらいですね・・・。

治るまであまり気にせず、
気長に付き合っていこうと思います。