当院のインプラント

当院のインプラントが選ばれ続ける5つの理由

当院の5つの特徴

インプラント治療とはとても高額な治療なので患者様にとっては一大決心のうえで治療に臨まれると思います。そのような患者様に安心して信頼のおけるインプラント治療をご提供できるように当院ではインプラント専門のインプラントセンターを併設し、十分な最新の設備と豊富な実績で患者様の一大決心に誠心誠意でお応えしています。

  • 特徴
    その1
    インプラントセンター完備
    インプラント治療のみを行う専用のオペ室が二部屋完備しております。洗浄度クラス1万以下(晴れた日の屋外の洗浄度は100万クラス)で清潔な部屋で手術を行っております。
    インプラントセンター完備
  • 特徴
    その2
    歯科用CTによる正確診断
    CTを保有している医院は限られておりますが、当院では院内のインプラントセンターにて完備しております。 従来確認出来ない部分も確認がとれ、最善の治療計画を立案します。
    歯科用CTによる正確診断
  • 特徴
    その3
    院内に歯科技工所を完備
    院内に歯科技工所の歯科技工士が常駐しています。 患者様の声や情報を元に、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の連携によって、質の高い治療を行っております。
    院内に歯科技工所を完備
  • 特徴
    その4
    ブローネマルクインプラントの採用
    40年以上の臨床実績に基づく高い信頼性を誇る、ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントシステムを採用しております。
    ブローネマルクインプラントの採用
  • 特徴
    その5
    世界最高水準の滅菌システム導入
    GETTINGE社の洗浄消毒器、シーラー、滅菌器を導入しました。 日本より厳しいヨーロツパの基準の通る機器となります。器具一つ一つ、滅菌の有効期限もしっかりと管理し、患者様に提供する器材はいつも最善のものを使用しています。このシステムは、歯科治療の最高峰でももるスウェーデンイエテボリ大学と同様のものになります。
    世界最高水準の滅菌システム導入

オステルとは

オステルとは

インプラントの骨結合の安定度を測る機械です。 今までは上物をつけて安全だといわれる期間まで待って上物をセットしていました。 ところが、人それぞれによってインプラントと骨の接合にかかる時間が違います。 オステルによって、正確なデータをもとに、上物のセット時期が分かります。 よって今までよりも短い期間で治療が終わることができます。 また、状況により手術と同日に歯をつける事も可能です。

当院のインプラントの実績

入れ歯が嫌いだった院長が、確実なインプラントを学びにスウェーデンに出掛けてから、
あっという間に25年が経ち、気が付いたらインプラントセンターで毎日オペを行ない、8000本以上のインプラントを患者様に使用していました。
【過去インプラント埋入本数(2017年6月末日現在)は8823本】
【本年埋入数(2017年6月末日現在)106本】
今は、6人のドクターを始め、25名のスタッフと共に、それらの保存と予防(歯周治療)に力を入れています。振り返ると95%という生存率(10年以上異常無し率)の高さに院長自身驚いております。

インプラント埋入実績

本年埋入本数

106 ※2017年6月末日現在

昨年埋入本数

340 ※2016年

過去埋入総本数

8823 ※2017年6月末日現在
インプラント症例数実績

本年症例数

66症例 ※2017年6月末日現在

昨年症例数

190症例 ※2016年

過去症例数

4680症例 ※2017年6月末日現在

成功率

下のグラフは、顎の骨にインプラントがきちんと結合し、第2の永久歯として、自分の歯と同じように使いつづけられているインプラントに関する割合をあらわしています。 1人1人の身体が違うようにインプラントについても、絶対的に何年もちますとは言えません。
当院では、一番最初の患者様は27年(2012年現在)続いています。治療データの統計から15年経過して90%以上の割合で安定して使われていることが分かります。又当院 における成功率は95%であり、残りの5%は何らかの原因でインプラントが骨に結合せず、撤去をした率です。

成功率
当院の5つの特徴

インプラント認定制度について

患者様に伝えたい インプラント認定制度について

昨今インプラント治療の需要増加に伴いインプラント治療を行う歯科医師も増加しております。
最近ホームページや広告等でインプラント治療経験を評価する「インプラント認定医、インプラント専門医」の表記が目立ちますが患者様を混乱させる表記が増えているのも現実です。
そもそも医科分野、歯科分野の認定医、専門医という制度は各医歯学系学会が認定・付与するものでインプラントメーカーが認定するものではありません。
ホームページや広告の歯科医師の経歴に○○インプラント認定医という記載が目立ちますが、これは約2日~7日間の研修会に出席したということだけで治療経験、技量を表すものではありません。
また学会認定医、専門医制度を批判する歯科医師(そのほとんどの方が認定資格を持っておりません)もいますが、日本の歯科関連学会で一番の会員数を誇る(社)日本口腔インプラント学会の認定制度に関してはとても診査が厳しく治療経験・技量の評価が証明されるものだと思います。
インプラント治療を希望される患者様が少しでも安心、安全なインプラント治療が受けられることを当院全スタッフが願っております。

(社)日本口腔インプラント学会専門医制度

口腔インプラント専門医を申請する者は、申請時に下記の各号全てに該当することを要する。

  1. 日本国歯科医師の免許を有すること。
  2. 5年以上継続して正会員であること。
  3. 研修施設に通算して5年以上在籍していること。
  4. 日本歯科医師会会員であること。
  5. 専門医教育講座を3回以上受講していること。
  6. 本会学術大会及び支部学術大会に8回以上参加していること。
  7. 本会専門医制度施行細則(以下、「施行細則」という。)に定める所定の研修を終了していること。
  8. 口腔インプラント指導医2名(内1名は施設長)の推薦が得られること。
  9. 施行細則に定めるインプラント治療の経験があること。
  10. ケースプレゼンテーション試験に合格していること。
  11. 本会学術大会又は支部学術大会において2回以上発表を行っていること。
  12. 口腔インプラントに関する論文を本会学会誌又は委員会が認める外国雑誌に1編以上発表していること。

当院長は上記の内容をすべて満たしております。 どうぞ安心してご来院下さい。

当院のインプラント症例

年間500本を超えるオペ実績があります。

入江歯科インプラントセンターでは日々インプラントオペを行っており、あらゆるパターンの臨床実績がございます。他院で治療を断られた患者様も、是非一度ご相談くださいませ。

インプラント説明会に参加された方はインプラント治療のカウンセリング料が無料となります。
詳細は下記をご覧ください。

  • Before
  • After
before_after01
  • Before
  • After
before_after01

※インプラント治療に関して無料説明会を開催しております。詳しくはこちらをご覧ください。>>