衛生士ブログ

口臭の原因2

 

虫歯

食事した後に歯にはプラークという白くてネバネバしたものが歯に付着します。歯磨きでこすり、汚れの除去できます。
しかし、なかなか取れにくいものです。特に歯と歯の間や歯の溝など磨きにくいです。
そのため、虫歯ができます。小さい虫歯だと口臭はありませんが、放っておいて虫歯がどんどん深く進行して大きい虫歯へ進行すると、食べカスや虫歯菌が虫歯の穴の中にたまり口臭が発生します。
虫歯で口臭が出ないようにするためには、早めの虫歯治療が必要不可欠です。

 

★虫歯かどうかは、小さい虫歯だと自覚症状はありません。歯科医院で定期的にみてもらって虫歯になっていないか確認してもらうのが1番です。簡単なセルフチェックをお試しください。


○虫歯かセルフチェック

 □自然に歯が痛むことがある

 □歯が黒っぽくなっているところがある

 □痛みはないが穴のあいているところがある

 □温かいものがしみて、痛みが続くことがある


当てはまるものは、ありませんか?当てはまらなくても、もしかしたら小さい虫歯があるかもしれません。歯科医院でぜひ、検診を受けましょう。