衛生士ブログ

妊娠と歯肉炎と歯周炎

今まで色々なものを取り上げられて衛生士ブログをホーム―ページに載せてきましたが、今回は女性に向けた内容になっていますのでご参考になればと思います。

今回のテーマは妊娠期に口の中に起こるトラブルの歯肉炎と歯周炎についてお話をしていきたいと思います。


歯肉炎は原因はプラーク(歯垢)が歯茎の炎症を起こす病気。炎症が起きると、歯茎が赤く腫れて出血しやすくなったり、歯磨きの時に痛みを感じます。歯肉炎が進むと歯周病の細菌が歯茎に炎症を与え歯を支えている骨を溶かしてしまい、その結果、歯がグラグラして抜けてしまう病気が歯周病です。

また歯周病菌が入ると低体重や早産の危険につながります。妊娠中は女性ホルモンの分泌が盛んになります。この女性ホルモンを好む細菌が増えることにより、歯肉炎になりやすくなります。妊娠520週頃から歯茎が腫れたり、出血するという症状がみられます。
また、この時期は食欲がなくなり唾液の分泌が減り口の中をお掃除を行う自浄作用が上手く出来ず歯茎が炎症してしまいます。その為、毎日のブラッシングが歯肉炎・歯周病を防ぐカギとなります。

妊娠期には個人差にもよりますが、つわりになる方もいらっしゃると思います。


つわりがひどく歯磨き粉を使用すると不快に感じた場合は歯磨き粉を付けないで磨いて、歯ブラシを入れると気持ち悪くなってしまったら、洗口液を行ってお口を清潔にするまたはお茶で口をすすぐ方法もあります。他に気になることがあったら近くの歯科医院に相談しても良いかと思います。また、妊娠時のお口のチェックを受けることをお勧め致します。

自分の体と共にお口も健康に保ち元気で過ごして下さい。


歯科衛生士 矢作順子