衛生士ブログ

海外ボランティア in ミヤンマー(続き)

更新が遅くなりましたが、
前回の続きです(・∀・)

空港のあるヤンゴンから2~3時間ほど
北東へ車を走らせると
「バゴー」という地に着きます。

お昼ご飯を食べていざ活動開始!
(ちなみにミャンマーの食べ物は
油っこいものが多いので胃もたれします。
そして雨季だからか、
ウンザリするほどハエが
飛んでましたー( ̄▽ ̄;) 笑)


この学校が活動の拠点です。

(思ったよりも綺麗な学校。
どこかの寄付によって建てられている)
野犬もいたるところにウロウロしてる。。。

教室を一部屋お借りして、
まずは日本から持ってきた器具・機材を並べ、
簡易診療室完成。

衛生管理も滅菌器などはないので
薬液消毒くらいしかできません( 汗)

水も水道水は衛生的ではないので
購入した飲料水のボトルを運び入れます。

そして約3日間かけて、ここで子どもたちの検診
(研究のためのデータ採取も兼ねて)を主に行い、
現地の人の治療も少し行っていきました。

ちなみに、ここに通っているのは日本でいう
小学生~中学生ぐらいの子どもたちです。
身寄りのない子もいるそうで、
となりに寺院がありそこで僧侶見習い(?)として
生活している子もいるようです。

検診に先立って問診を行うのですが、
自分の誕生日を知らない子が何人もいました。

子どもたちのお口の中は思いのほか虫歯が少なく、
普段の食生活が影響しているのかなーとも思いました。
(裕福な家庭ではないのでおやつなどの砂糖による影響が
少ないのではと推測)

現地の技工所や歯科診療所の調査も手分けして実施。

日本で苦労して作った媒体を使って
子供たちへ口腔衛生指導。
みんなよくお話をきいてくれます。

どこの国でも子どもたちはかわいいもので
すごく目がキラキラしてました。

この歯ブラシはフィードの小間井社長が快く
提供してくださったものです!
小間井社長ありがとうございます

余談ですが
ミャンマーではしばしば停電になります。
とくに私たちがいった雨季は
スコールがあるごとに停電する始末。。。

電気使えない!
治療中は大変困りました (T_T)

普段どれだけ当たり前のように
電気の恩恵を受けていたのだろうと
気づくこともできた旅でした。

あと、日本の清潔さは最高です!!!


あっという間に過ぎた一週間。
毎日夜はメンバーみんなで
お酒を飲みつつ反省会を行いました。

ミャンマービール。
意外にも美味しくかつ、リーズナブル!

日本円にするとだいたい1缶50円~100円くらい!!

みなさん熱い方ばかりで
とても刺激的で充実した毎日でした。

そして

刺激的といえば、、、
最後の日は、楽しみにしていた観光


のはずでしたが、


私はお腹を壊してホテルから出られず。。
ずっと部屋で寝てました(T_T)
アジアあるあるですね 汗

…残念でしたがオチもついてよかったかな?笑笑


今回の活動で、
口腔内写真の有用性やらなんやらは、
今後やり続けて検証を繰り返していかないと
見出せないですが、
そのための第一歩を踏み出せたかなと思います。

直接的な貢献はまだ少数の方にしかできていないけれど、
もし予防に効果的な新たな手法が確立できれば、
将来ミャンマーの方たちひいては
発展途上国の方たちのお口の健康に
貢献できるのでははいでしょうか。

そう思うととても有意義な時間でした。


最後に
快く送り出してくださった院長をはじめ、
スタッフのみなさまどうもありがとうございました(*^o^*)

入江歯科医院
歯科衛生士 清水